日本救護救急財団プレホスピタルケアチャレンジサイト

一般財団法人日本救護救急財団TEL:03-5357-1099(平日10:00~18:00)

プレホスピタルチャレンジ研修  大人気!プレホスピタルで活躍する人のための英語塾! 

2013年から開始した、救急救命士のための英語塾。今回から「プレホスピタルで活動する人のための英語塾」にタイトルを変更しました。
前回の開催から少し間が開いてしまいましたが、オリンピックを2020年に控え、救急現場でも英会話能力の必要性を感じている方もたくさんいらっしゃると思います。年々増加する訪日外国人の対応に最近では携帯翻訳アプリを使用して会話が出来たり、アクションカードを使用して聴取が出来るようになったりと、様々な翻訳ツールを使用して傷病者へアプローチがしやすくなりましたが、しかし、そもそも、傷病者の訴えがわからなかったら、傷病者の特定すらできないはずなのです。「聴く」ことが出来ずにコミュニケーションを成立させるのは至難の業。

そこで、これまでの英語塾のアンケートをもとに、これまで以上に生の英語を聞き取れるようになってもらいたい!と考え、「聴く力(Hearing)」の強化を目的とした英語塾を開催します!

今回のセミナーから、ボストン出身のアメリカ人講師(旦那様は整形外科のドクター!)を招き、医療文化の違いも学べるようプログラムしています。
「このフレーズは聞き逃さないでほしい!」ポイントをお伝えしますので、すぐ使える英語力を習得できます!
この英語塾は、レベルを設けていませんので、どんな方でも参加可能です。
スペルを書けない!!文法がわからない!!英語が嫌い!! そんな方でも大丈夫!! 英語のレベルに応じて財団スタッフもしっかりフォローします!

東京オリンピックまであと2年・・・ 本気でスキルアップをしたい方にも、英語アレルギーを直したい方にも、どんな方でもご参加頂けます!
現場の皆様のお申込み、お待ちしております!(救急隊、ドクター、ナースも大歓迎!!!)

(*講師の赤ちゃんも参加しますので、お子さん連れの参加も歓迎します!)

プレホスピタルチャレンジ研修  大人気!プレホスピタルで活躍する人のための英語塾!
開催日
開催会場

次回ご案内までお待ちください。
時間 13:30~16:30 (*開場:13:00)
講師
山下エリザベス 先生
出身地:ボストン(アメリカ)
出身大学:ボストン大学、九州大学大学院
趣味: 読書、ヨガ (インドにてヨガインストラクター資格習得)
日本在住8年目(新潟県3年・福岡県2年・鹿児島県3年)
24歳のときに来日、鹿児島県在住。
現在はなかなか帰ってこない整形外科医の旦那さんをよそに子育てに奔走中!
独身時代はファッションショーのモデルをしてました。今現在は、子育ての傍ら、病院で通訳のお手伝いしてます!
カリキュラム 1.ヒアリングを強化せよ! ~傷病者の訴えを聞くことができるか?~
 *現場での会話は教科書通りにはいかないですよね・・・
  ネイティブの英語を聞き、ヒアリングを強化します。 (講習中は日本語のフォローがありますのでご安心ください。)

2.診療拒否!?~諸外国と日本の文化の違いを学ぶ~
 *救急車を呼んだけど、いざ搬送となると拒否をする!?そんな経験はありませんか?
  特に米国と日本では文化が異なりますのでトラブルにならないように医療文化の違いも学びます。

3.救急現場の会話をロールプレイ!
 *実際の救急現場をシミュレーションし、ヒアリングがUPしているか試してみましょう。

(●参加者の英語のレベルによって財団職員がフォローしますので、英語初心者の方でも安心してご参加頂けます!)
受講料 日本救護救急財団 会員 1,000円 非会員 3,000円 
ペイパルでのクレジットカード決済 又は 当日現金払い。
*ドタキャン防止のため3日前からキャンセル料(全額)がかかります。予めご了承ください。
*無連絡での当日キャンセルは固くお断ります。
お申込み ウェブ専用フォームにてお申込みください。


*受信設定をしている携帯キャリアメールからのお申し込みは出来ません。
 (お申し込み後直ぐに自動返信メールの受信ができない場合はお申し込み無効です)
*満席となった場合は予告なく受付終了となる場合があります。
*ドタキャンを防止するため、開催3日前からは全額のキャンセル料が発生します。
(受講料未払いの場合はキャンセル料の請求をさせて頂きますので予めご了承ください。)

詳細は・・・ 写真をクリックするとPDFファイルがダウンロードできます。



<< 前のページに戻る