日本救護救急財団プレホスピタルケアチャレンジサイト

一般財団法人日本救護救急財団TEL:03-5357-1099(平日10:00~18:00)

 これだけは絶対シリーズ腹部~急性腹症・腹部外傷~プレホスピタルケアセミナー!


プレホスピタルケアチャレンジ研修 ~これだけは絶対シリーズ~
大・大好評の腹部プレホスピタルケアセミナー



本セミナーはプレホスピタルの現場で求められる「腹部」の観察のスキル向上のためのセミナーです!
お腹は「ブラックボックス」と呼ばれています。そんなブラックボックスを「カタチ」だけで覚えていませんか?

本当に分かっていますか?腹部の解剖?
「形」だけで触っていませんか?腹部の触診?
誤解していませんか?腹部の聴診?

きっと、「え!そうだったの!」「うわぁ、間違えて教えていた!」なんてことがあるはずです。
本セミナーでは、現場の「これだけは絶対」覚えてほしいポイントをわかりやすく講義していただいています。

消防学校講師、看護セミナーの講師としても活躍する畑先生のキレの良い講義は分かりやすいと本当にとても評判で、うろ覚えを完全な知識に変えてくれます。特に、実際の病院搬送後、院内で行われる手術の映像はプレホスピタルで活躍する方は必見です!
プレホスピタルの現場では、搬送時の留意点も聞き逃したくない大切なポイントですね。

そして、指導的立場になる方は必聴!!!本セミナー基礎から始まりますので、部下への指導のヒントも満載です。
本セミナーの受講者は全国でどんどん増えています。「これだけは絶対」の「観察スキル」が身に付くセミナーです!
少し不安だった救急現場の観察のスキルを身に付けることで、本当の意味での防ぎ得た死を失くすことにも近づきます。 救急救命士、救急隊、救急ナース、研修医の先生まで、プレホスピタルケアに関わる皆様のご参加、お待ちしております!!!!

 「腹部~急性腹症・腹部外傷~プレホスピタルケアセミナー」 
開催地/開催日
セミナー時間 13:00 ~ 17:00(休憩含む)
(受付開始 開場:12:30~)
講師
セミナープログラム 1.腹部の解剖
  しっかり理解してほしい、腹部解剖のおさらい。

2.急性腹症
  急性腹症の代表的な疾患と問診・触診・観察スキル
  ●急性虫垂炎
  ●腸閉塞
  ●消化管穿孔
  ●急性胆嚢炎
  ●重症急性膵炎 
  ●その他

3.腹部外傷
  1.受傷機転と観察のポイント
  ●受傷機転と患者情報収集
  ●初期評価と全身観察
  ●緊急度と重症度判断
  2.腹部外傷の出血性ショック
  3.腹部外傷のピットフォール
  4.腹部外傷における患者搬送の知識
  5.搬送後の治療(手術映像を見ながらの解説)

4.質疑応答
受講料金
日本救護救急財団会員 7,000円(税込)
       非会員 10,000円(税込)

*お支払いは銀行振込、又は、Paypalにてクレジットカードがご利用頂けます。
*本セミナーは満席となった場合は、会員優先での受講となります。
お申込み方法 ウェブ専用フォームよりお申込みください。


お申込みフォーム用QRコード


*受信設定をしている携帯キャリアメールからのお申し込みは出来ません。
 (お申し込み後直ぐに自動返信メールの受信ができない場合はお申し込み無効です)
*お申し込み後、7日営業日以内にご入金の確認が出来ない場合は自動キャンセルとなります。
セミナー詳細は…
本セミナーについてのお問い合わせ】
一般財団法人 日本救護救急財団 
TEL:03-5357-1099 FAX:03-6701-2395
Email:challenge@9599.jp (対応時間:平日10時~18時)


●お申込みはウェブからの専用フォームにて受け付け致しますのでメールアドレスが必要です
●受信設定をしている携帯メールからのお申し込みはできません

<< 前のページに戻る