日本救護救急財団プレホスピタルケアチャレンジサイト

一般財団法人日本救護救急財団TEL:03-5357-1099(平日10:00~18:00)

ここからステップアップリーズ&これだけは絶対シリーズ 1日開催! 小児~外傷・救急疾患~ プレホスピタルケアセミナー!

ここからステップアップシリーズ&これだけは絶対シリーズの2部制になって・・・・

小児のプレホスピタルケアは「ここからステップアップシリーズ」と「これだけは絶対シリーズ」の2部で構成し、ご自身のスキルにあわせてセミナーの選択ができるようになりました。

「小児」といってもあまりにも幅広く、基礎の基礎からしっかり学ぼうとすると、とても半日のセミナーではお話しきれないということで、午前は「ここからステップアップ」として基礎の講習、午後は、これだけは絶対の臨床応用の講義として、1日を2部構成に分けました。

プレホスピタルの現場で、小児救急には不安を感じている方も多いはず。小児は自分で症状を話してくれることはほとんどありませんので、状況評価や観察の目がとても重要ですよね。また、成人と解剖・生理が異なりますので重症度、緊急度の判断も難しいところです。
いつも現場で不安に思われている部分を、沢山の小児を診察されてきた境野先生より、小児の解剖・生理から搬送方法までわかりやすく講義して頂きます。
第一部の基礎講習では、「ここからステップアップ」される若手・指導者の皆様向けに、小児の解剖生理、バイタルの観察方法から重症度緊急度判断のコツまで、まずは基礎をしっかりご講義頂きます。基礎をわからずには臨床応用は理解できませんよね。

第二部の臨床応用ではベテラン向けに「これだけは絶対」に知っておいてほしい、小児救急疾患の観察方法や搬送方法のポイント、医療処置のケアなどの明日からすぐに役立つ知識を講義して頂きます。
特に、小児に多くみられる呼吸器疾患、痙攣、発熱については必見!症状の評価から始まり、初期対応、医療機関への引継ぎポイントまでをしっかり学べるのはプレホスピタルチャレンジ研修だけ!また、小児外傷では中々聞くことができない、虐待の特殊事例についてもお話し頂きます。
プレホスピタルケアの現場では、小児の『虐待』を見抜くことも非常に重要なポイント

そして、プレホスピタルの現場の小児対応で非常に重要となってくるのは情報収集のスキルではないでしょうか?
実はとても難しいのが、両親や関係者からの情報収集。必要な情報をどれだけ医療機関にうまく伝えられるかは重要なポイントです。
未来がある小児の患者は、プレホスピタルでの対応が大きく予後に関わってきます。
救急救命士のみならず、救急隊員、救急看護師、プレホスピタルケアに関わる皆様のご参加、お待ちしております!

ここからステップアップ&これだけは絶対 バイタルサイン&観察スキル ~緊急度・重症度を読み解く!~
開催日
セミナー時間
*1部のみ、2部のみ、1部2部両方から受講選択ができます。
*1日講習をご希望の方は昼食を各自でご準備ください。
講師
セミナープログラム


受講料
お申込み方法

*受信設定をしている携帯キャリアメールからのお申し込みは出来ません。
 (お申し込み後直ぐに自動返信メールの受信ができない場合はお申し込み無効です)
*お申し込み後、7日営業日以内にご入金の確認が出来ない場合は自動キャンセルとなります。
セミナーの詳細は…
【本セミナーについてのお問い合わせ】
一般財団法人 日本救護救急財団 
TEL:03-5357-1099 FAX:03-6701-2395
Email:challenge@9599.jp (対応時間:平日10時~18時)


●お申込みはウェブからの専用フォームにて受け付け致しますのでメールアドレスが必要です
●受信設定をしている携帯メールからのお申し込みはできません

<< 前のページに戻る