日本救護救急財団プレホスピタルケアチャレンジサイト

一般財団法人日本救護救急財団TEL:03-5357-1099(平日10:00~18:00)

ここからステップアップリーズ&これだけは絶対シリーズ 1日開催! 小児~外傷・救急疾患~ プレホスピタルケアセミナー!

ここからステップアップシリーズ&これだけは絶対シリーズの2部制になって・・・・
小児プレホスピタルケアセミナーは1日講習!

小児のプレホスピタルケアは「ここからステップアップシリーズ」と「これだけは絶対シリーズ」の2部で構成し、ご自身のスキルにあわせてセミナーの選択ができるようになりました。

「小児」といってもあまりにも幅広く、基礎の基礎からしっかり学ぼうとすると、とても半日のセミナーではお話しきれないということで、午前は「ここからステップアップ」として基礎の講習、午後は、これだけは絶対の臨床応用の講義として、1日を2部構成に分けました。
本セミナーの講師は、小児科専門医として救命センターなどでご活躍されており、現在は救急救命士の養成にも携わられている、国士舘大学大学院 救急システム研究科 非常勤講師 境野 高資 先生です。

プレホスピタルの現場で、小児救急には不安を感じている方も多いはず。小児は自分で症状を話してくれることはほとんどありませんので、状況評価や観察の目がとても重要ですよね。また、成人と解剖・生理が異なりますので重症度、緊急度の判断も難しいところです。
いつも現場で不安に思われている部分を、沢山の小児を診察されてきた境野先生より、小児の解剖・生理から搬送方法までわかりやすく講義して頂きます。
第一部の基礎講習では、「ここからステップアップ」される若手・指導者の皆様向けに、小児の解剖生理、バイタルの観察方法から重症度緊急度判断のコツまで、まずは基礎をしっかりご講義頂きます。基礎をわからずには臨床応用は理解できませんよね。

第二部の臨床応用ではベテラン向けに「これだけは絶対」に知っておいてほしい、小児救急疾患の観察方法や搬送方法のポイント、医療処置のケアなどの明日からすぐに役立つ知識を講義して頂きます。
特に、小児に多くみられる呼吸器疾患、痙攣、発熱については必見!症状の評価から始まり、初期対応、医療機関への引継ぎポイントまでをしっかり学べるのはプレホスピタルチャレンジ研修だけ!また、小児外傷では中々聞くことができない、虐待の特殊事例についてもお話し頂きます。
プレホスピタルケアの現場では、小児の『虐待』を見抜くことも非常に重要なポイント

そして、プレホスピタルの現場の小児対応で非常に重要となってくるのは情報収集のスキルではないでしょうか?
実はとても難しいのが、両親や関係者からの情報収集。必要な情報をどれだけ医療機関にうまく伝えられるかは重要なポイントです。
未来がある小児の患者は、プレホスピタルでの対応が大きく予後に関わってきます。
救急救命士のみならず、救急隊員、救急看護師、プレホスピタルケアに関わる皆様のご参加、お待ちしております!

ここからステップアップ&これだけは絶対 バイタルサイン&観察スキル ~緊急度・重症度を読み解く!~
開催日 ●2017年7月8日(土):北九州 
 
北九州市小倉北区古船場町1番35号 北九州市立商工貿易会館(シティプラザ) 601会議室

●2017年9月9日(土):東京会場
 
千代田区紀尾井町3-27 剛堂会館ビル1階 

*セミナーの運営上、各会場、受講者人数が限定されています。
*会場は変更になる場合がございます。
*満席になった場合は、予告なく受付を終了致します。
*最少催行人数に満たなかった場合は中止になることがございます。
セミナー時間 第1部 ここからステップアップシリーズ
9:30~12:30 (開場:9:15)

第2部
これだけは絶対シリーズ
13:30~17:30 (開場:13:15)

*1部のみ、2部のみ、1部2部両方から受講選択ができます。
*1日講習をご希望の方は昼食を各自でご準備ください。
講師 国士館大学大学院 救急システム研究科
非常勤講師  境野 高資 先生

救急科専門医・小児科専門医・麻酔科標榜医
産業医・パナマ政府認定 船医
日本救急医学会 小児救急特別委員(2008-14)
日本DMAT隊員・MCLS神奈川県世話人
国際緊急援助隊 医療チーム登録医師
JPTEC東京都世話人
ITLS-JAPAN小児委員会 副委員長
AHA BLS・ACLS・PALSインストラクター
小児慢性特定疾患指定医
東京医薬専門学校 救急救命士科 非常勤講師 
・・・等
セミナープログラム 第1部 ここからステップアップシリーズ!
1.小児の生理学的・解剖学的な特徴を考えた観察と判断

■小児の特性をこの機会にしっかり習得!成人と小児の違いをしっかり理解!

2.小児のバイタル・意識レベルをどう評価するか?

3.小児救急トリアージ! 緊急性の高い小児を見抜くコツ!


第2部 これだけは絶対シリーズ!
1.小児救急疾患
 小児の代表的な疾患の症状の評価と初期対応
 ●気道・呼吸障害 ●発熱 ●脱水・循環障害 ●けいれん ●その他

2.新ガイドラインによる病院前小児外傷救護
 ●小児外傷者傷病者の評価 ●小児に対する脊椎運動制限(SMR)

3.児童虐待・事故防止

4.小児傷病者の搬送ポイント

5.特殊な医療処置が必要な小児


受講料 第1部(ここからステップアップシリーズ)のみ
日本救護救急財団会員 5,000円(税込) 非会員 8,000円(税込)

第2部(これだけは絶対シリーズ)のみ
日本救護救急財団会員 7,000円(税込) 非会員 10,000円(税込)

1日講習(第1部・第2部両方)参加
日本救護救急財団会員 11,000円(税込)非会員 17,000円(税込)

*お支払いは銀行振込、又は、Paypalにてクレジットカードがご利用頂けます。
*最少催行人員に満たない場合は中止になることがございます。
お申込み方法 ウェブ専用フォームよりお申し込み下さい。


お申し込み用QRコード



*受信設定をしている携帯キャリアメールからのお申し込みは出来ません。
 (お申し込み後直ぐに自動返信メールの受信ができない場合はお申し込み無効です)
*お申し込み後、7日営業日以内にご入金の確認が出来ない場合は自動キャンセルとなります。
セミナーの詳細は… 写真をクリックするとPDFがダウンロードできます。


 

【本セミナーについてのお問い合わせ】
一般財団法人 日本救護救急財団 
TEL:03-5357-1099 FAX:03-6701-2395
Email:challenge@9599.jp (対応時間:平日10時~18時)


●お申込みはウェブからの専用フォームにて受け付け致しますのでメールアドレスが必要です
●受信設定をしている携帯メールからのお申し込みはできません

<< 前のページに戻る