日本救護救急財団プレホスピタルケアチャレンジサイト

一般財団法人日本救護救急財団TEL:03-5357-1099(平日10:00~18:00)

講師来日! 高度頸椎固定スキルブラッシュアップセミナー 特別講習会*終了


2017年3月11日(土)東京 3月12日(日)福岡で開催!

本セミナーは、プレホスピタルの現場で活躍されている皆様の為に、外傷対応の知識をブラッシュアップできるセミナーとして企画致しました。我が国の外傷事情も1990年代の交通戦争での外傷対応から変化しており、高エネルギー外傷の症例に当てはまらない外傷対応も非常に多くなりました。
2015年から開始した高度頸椎固定スキルセミナーでは、Cカラーを使うための「ニュートラルポジション」が傷病者にどのような影響を及ぼすか、米国のエビデンスを参考に、四肢の固定同様に頸椎固定を考える講習を行って参りました。
今回は、2015年から2年経って、高度頸椎固定スキルインストラクターも増えてきたことを受けて、知識のブラッシュアップも兼ねて、米国の最新の外傷プロトコルを参考に、最新エビデンスともに、米国のプレホスピタルの活動を講演していただくことになりました。
講師のMr.Martinは、現場経験からアメリカで高度頚椎固定具を開発したパラメディックです。高度頚椎固定具(ネックスプリント)の開発・改良に当たり非常に多くの外傷エビデンスを把握されています。
高度頸椎固定スキルセミナーインストラクターの皆様には、是非、この機会にさらに知識をブラッシュアップして頂き、日本の現状に合った外傷対応のエビデンス構築にお役立て頂ければ幸いです。

日本の外傷標準化教育も2016年よりガイドラインが変更となっていますので、ご興味がある方も多いと思ますが、米国の外傷は決して日本の現状とはイコールではありませんが、本セミナーが皆様が活動するうえでの「情報の一つ」として参考になればと考えています。

本セミナーは救急救命士だけではなく、救急隊、看護師、救急医療に携わる皆様にご参加いただけます!
(但し、消防職員以外の非医療者(応急手当普及員含む)の受講はご遠慮いただいております。)
現場の皆様の選択肢が広がることを願い、多くの皆さまのご参加をお待ちしています!

講師来日!高度頚椎固定固定スキル特別講習 ブラッシュアップセミナー(終了)
開催日 ●2017年3月11日(土):東京会場 (13:00~16:00)*12:30開場 
 東京都文京区本郷1-11-14 小倉ビル
 LMJ東京研修センター 5階大会議室  (水道橋駅 徒歩3分)
 

●2017年3月12日(日):福岡会場  (10:00~16:00)(*9:30開場
 福岡市博多区博多駅東1丁目16-14
 リファレンス駅東ビル2階会議室T (博多駅筑紫口 徒歩4分)

*セミナーの運営上、各会場、受講者人数が限定されています。
*満席になった場合は、予告なく受付を終了致します。
セミナー時間 各会場ごとに開催時間が異なります。ご注意下さい。
*開場はセミナー開始30分前からとなります。
講師 Mr.Martin Rizo Patron
Emergear LLC

(通訳 国士館大学大学院 救急救命士 原 貴大)
受講料 終了しました。
お申込み方法 終了しました。

*受信設定をしている携帯キャリアメールからのお申し込みは出来ません。
 (お申し込み後直ぐに自動返信メールの受信ができない場合はお申し込み無効です)
*お申し込みから7営業日以内にお支払いがない場合は自動キャンセルとなります。
*本セミナーは非常に人気の高いセミナーのため早期受付終了となる場合があります。
セミナーの詳細は…
(終了しました)

【本セミナーについてのお問い合わせ】
一般財団法人 日本救護救急財団 チャレンジ事務局
TEL:03-5357-1099 FAX:03-6701-2395
Email:challenge@9599.jp (対応時間:平日10時~18時)
 

緊急自動車安全走行講習

救急現場の英語塾

特別講習会

苦手克服!じっくり模試

大好評!ゆっくり模試

日本救護救急財団会員サイト

日本救護救急財団

日本救護救急財団