日本救護救急財団プレホスピタルケアチャレンジサイト

一般財団法人日本救護救急財団TEL:03-5357-1099(平日10:00~18:00)

 大好評のセミナーがオンラインで開催! 産婦人科救急オンラインセミナー! ~産婦人科×救急現場を知る!~


プレホスピタルの現場では、まさに、「こだれけは絶対!」の知識
産婦人科救急オンラインセミナー!
~産婦人科×救急現場を知る!~


お待たせしました!!!!大人気セミナーをウェビナーで開催します!!!
【産婦人科専門医×救急専門医の両方の観点から講義するオンラインセミナー登場!】


勉強しなければいけない分野だとわかっていながらも、なかなか手が出にくかった産婦人科を救急の観点から学べると大好評の産婦人科救急セミナーが
ウェビナーで開催することとなりました!!!オンラインでの開催ですので全国どこからでもご参加頂けます!

特にデリケートな分野である「産婦人科疾患」の救急要請に頭を悩ませている方も多いのではないでしょうか?
しかし、プレホスピタルの現場では産婦人科疾患だけでなく「救急疾患」の両方の意識で観察をしなければならず、どちらを優先したらいいのか・・・
そして、病院選定も悩ましい・・・と、疑問に思うことが多いですよね。

そんな皆様の悩みを解決するため、当財団は「産婦人科専門医」と「救急専門医」の両方の観点から講義するセミナー開催していて、受講された皆さんから、非常に高い評価を受けている超人気のセミナーです!

産婦人科専門医にはALSO,BLSOのインストラクターでもある日医大多摩永山病院の山岸絵美先生をお迎えして産婦人科疾患の基礎から女性傷病者に対する観察方法、そして緊急度重症度判断までを講義していただきます。

産婦人科疾患の基礎と通常の救急と産婦人科救急の違いをしっかり学んだあとは、救急専門医で同じく、ALSO BLSOのインストラクターとしても活躍される沖縄中部徳洲会病院 池田武史先生から産婦人科と救急が掛け合わさった時にどう対処していけばいいのかを講義していただきます。
産婦人科症状の裏に隠された救急疾患を見逃さないように、過去にあった症例から注意点を学びます。
特にデリケートな「産婦人科救急」だからこそ、現場の皆様には沢山の知識を得ていただきたいです。
本セミナーは基礎から講習を行いますので、これからBLSOなどの臨床コースに参加される方の事前学習にもお勧めです。

本セミナーはプレホスピタルに関わる医療職の方であれば資格問わずご参加いただけます。
皆様のご参加、お待ちしております!!!

これだけは絶対! 産婦人科救急オンラインセミナー 産婦人科×救急現場を知る!~
録画配信
開催日/時間

【録画配信】22021年12月4日(土)
配信時間:第一部 13:00~14:30 第二部 15:00~16:35
(*申し込み期限11月27日(土)/入金期限12月1日(水)15:00)

【夜間録画配信】2022年1月31日(月)
配信時間:第一部 19:00~20:30 第二部 21:00~22:35
(*申し込み期限1月24日(月)/入金期限1月26日(水)15:00)

【録画配信】2022年2月25日(金)
配信時間:第一部 19:00~20:30 第二部 21:00~22:35
(*申し込み期限2月18日(金)/入金期限2月24日(木)15:00)

【夜間録画配信】2022年3月13日(日)
配信時間:第一部 13:00~14:30 第二部 15:00~16:35
(*申し込み期限3月6日(日)/入金期限3月9日(水)15:00)


*本セミナーは令和3年2月に開催されたライブ配信の録画の配信となります。
*録画配信のため質疑応答は過去に開催されたセミナーの質疑応答集をご参考ください。
*日中配信と夜間配信がございますのでご都合に合わせてお選びください。
講師 講師情報:
【講 師】
日本医科大学多摩永山病院 女性診療科・産科 助教
山岸 絵美 先生

2006年 日本医科大学医学部卒業
日本産科婦人科学会 専門医/指導医 、日本周産期新生児医学会(母体・胎児)専門医、 麻酔科標榜医 東京都母体保護法指定医、 女性スポーツ医学研究会幹事、 ALSO- Japan BLSOインストラクター・コースディレクター日本周産期・新生児医学会新生児蘇生

【講 師】
医療法人沖縄徳洲会 中部徳洲会病院 集中治療部 医長
池田 武史 先生

2006年大阪市立大学医学部卒業 、日本救急医学会救急科専門医、 日本航空医療学会認定指導者(医師)
BLSOインストラクター/コースディレクター 、ALSO- Japan BLSOインストラクター・コースディレクター
セミナープログラム 【第一部】
1.女性の解剖生理・妊娠から分娩の基礎

 ●女性の解剖生理
 ●「安定期」なんて医学用語は無い
 ●妊娠初期から通常分娩まで
 ●正常を理解しなければ異常は理解できない
 ●正常分娩介助デモンストレーション

2.搬送中の急変時の対応
 ●妊婦急変対応/蘇生についての注意点 
 ●新生児蘇生法について


【第2部】
3.女性傷病者の観察・評価
 ●妊娠が疑われる女性傷病者の観察方法
 ●緊急度、重症度判断・評価
 ●病院が必要としている患者情報  

4.産婦人科 × 救急 = ?プレホスピタルでは何をすべきなのか?
 症例から産婦人科×救急の注意点を学ぶ!
 ●妊婦(女性) × 頭痛
 ●妊婦(女性) × 外傷
 ●妊婦(女性) × 腹痛
 ●妊婦(女性) × 意識障害
 ●妊婦(女性) × 呼吸苦
 ●その他(月経の異常等)

受講料 日本救護救急財団会員 1,000円(事前お申込みが必要です)
       非会員 3,500円(税込)
       指導救命士:3,000円(税込)
*お支払いは銀行振込、又は、Paypalにてクレジットカードがご利用頂けます。


【ウェビナー注意事項】
①オンラインのセミナーは、複数名でのお申込みはお受付できませんので、必ず1名様ずつお申込みください。
 ご入金確認後、ウェビナーの参加方法に関するメールをお送りいたします
開催時間外のご視聴や、一時停止・巻き戻し等はできません。
③セミナー終了時間は、休憩時間の短縮、内容の一部変更により前後いたします。
 掲載している終了時間はあくまで目安ですので予めご了承下さい。
オンライン配信映像、または表示画面の撮影・複製・複数名でのご視聴は禁じます。
⑤LIVE配信は、通信トラブルが発生する可能性がございます。
 配信時間が延長される場合もございますので、予めご了承の上、お申込みください。

*受講生ご自身の通信環境や端末操作についてのサポートは行っておりません。
*ID別にログイン時間7割のの確認にて「受講修了書」をメールにてお送りいたします。

お申込み方法
ウェブ専用フォームより申し込みください



*受信設定をしている携帯キャリアメールからのお申し込みは出来ません。
 (お申し込み後直ぐに自動返信メールの受信ができない場合はお申し込み無効です)
*ウェビナーのお申込み・ご入金後のキャンセルは受け付けておりません。
セミナーの詳細は… 写真をクリックするとPDFがダウンロードできます。



【本セミナーについてのお問い合わせ】
一般財団法人 日本救護救急財団 
TEL:03-5357-1099 FAX:03-6701-2395
Email:challenge@9599.jp (対応時間:平日10時~18時)


●お申込みはウェブからの専用フォームにて受け付け致しますのでメールアドレスが必要です
●受信設定をしている携帯メールからのお申し込みはできません

<< 前のページに戻る