日本救護救急財団プレホスピタルケアチャレンジサイト

一般財団法人日本救護救急財団TEL:03-5357-1099(平日10:00~18:00)

第1回 患者搬送・安全走行指導者講習(EMSSO認定講習) *終了


患者搬送管理・安全走行スキルリーダー研修
(EMSSO認定研修)

本研修は、患者搬送を行う運転者を管理・指導する立場の方を対象に、運行管理方法、マネジメント、患者搬送・安全走行スキルの指導方法などを実技、座学両方から研修を行います。
弊財団では平成27年より日本で唯一、患者搬送に特化した講習プログラムが学べる「 EMS Safety  driver 」研修を実施しております。
現在、多くの病院、施設などで緊急自動車の運用や患者搬送事業が行われています。しかし、運用者が患者搬送方法を専門的に習得できる場所は多くありません。そのため、管理・指導に携わられる方は、確立された患者搬送方法がない中で指導をするしか方法がありませんでした。
些細なことが大きな事故につながってしまう患者搬送に、不安を抱えている管理・指導者の方が多くいらっしゃることから、鈴鹿サーキット交通教育センターと日本救護救急財団がタイアップし、EMSSD研修に続く、患者搬送の管理・指導に関わる方に必要な指導スキルを学べる「 EMS Safety officer」研修を開催致します!

本研修は、三重県にある鈴鹿サーキット交通教育センターの協力の元に研修を行います。鈴鹿サーキット交通教育センターは日本で初めて安全運転教育を実施した場所でもあり、長年培われてきた教育プログラムと最新のシステムを融合し、日々変わる交通事情に合わせた教育を行っています。講習では、座学、実技、共に、交通教育に卓越した教官が担当致します。実技研修は職場で指導を行えるように、客観的に運転スキルをみることができる講習プログラムとなっています。EMSSO研修の実技講習では、各運転スキルの指導方法の他に、一般道では体験することができない危険運転を体験し、患者搬送に適している安穏走行との違いを体感、習得して頂けます。
そして、長年の課題でありました、運転スキルを数値化し評価するシステムがHONDA研究所の協力により可能となりました。
本研修では、安全走行評価診断システム搭載車を使用して皆様の運転スキルを客観的に評価し、感覚や経験だけでは伝えられない運転スキル指導方法を学んで頂けます。


患者搬送座学研修では運行時の安全管理方法やマネジメント、搬送技術の指導方法を学びます。ここでは、搬送事業でリスクとなりやすい部分を事前にフォローできるよう、運行管理方法を講習します。座学では、実際に患者搬送を行ってきた救急救命士が講師を務め、医学的知識と実際の搬送事例を組み合わせたポイントを講習していきます。

 本研修の受講者には、「研修受講修了証」と「 EMS Safety officer 」認定を発行致します
患者走行は患者の命、そして同乗している医療スタッフの命を預かる業務です。より安全に、そして迅速に患者を搬送できるよう、患者搬送の管理・指導に携わる方は是非ご参加ください。

第1回 患者搬送・安全走行指導管理者講習(EMSSO認定)講習カリキュラム


         *実技では、一定の運転スキルが必要となります。研修中に基本運転研修は行いませんのでご注意ください。
         *お弁当(お茶付き)をご用意しております。
         *実技講習で使用する車両はベーシックタイプの乗用車になります。


第1回 患者搬送・安全走行指導管理者講習 (EMSSO認定講習)
開催日 第1回 2017年9月6日(水)  
講習会場 鈴鹿サーキット交通教育センター
三重県鈴鹿市稲生町7992
講習費用 日本救護救急財団会員  38,000円(税込)
      非会員   43,000円(税込)

 
*お申し込みと同時に会員登録が可能です、こちらからお手続き下さい。
*法人でのお申し込みは、請求書の対応可能です、事務局にお問い合わせ下さい。
*本講習のキャンセルポリシーは鈴鹿サーキット交通教育センターの規定に従います。
プログラム 【実技講習】鈴鹿サーキット交通教育センター担当)

●運転習慣チェック(指導者としての模範運転の確認)  1回目
HONDAが開発した運転診断システム搭載の車両にてご自身の運転を客観的に評価します。
指導者としての模範運転が出来ているかの確認、そして職場の運転者に対する指導ポイントについての確認をします。
*データの見本

●点検・乗車姿勢の指導法
車両点検や正しい運転姿勢の指導ポイントを確認します。

●車間距離や安穏走行の指導法
事故防止の為に必要な安全空間(車間距離等)を、模擬飛出しによる急ブレーキから導き出します。
搬送時に必要な「安穏走行」の運転操作を練習するとともに、安穏走行を行う上で必要な安全空間についても確認し、
搬送運転者への指導に繋げます。

●接触事故防止の指導法
周囲を車両や障害物で限定された場所に安全且つ正確に車両を位置づける訓練と車外からの誘導方法を確認し、運転者
に対して指導出来るように訓練します。職場でも実施できるコースレイアウトにて実施します。

●危険運転と安穏運転の違いの確認
滑り易い路面を走行することにより、速度超過や荒い操作によって起こるクルマの挙動の乱れやコース逸脱など、
事故に繋がる動きを確認します。本訓練を通して、事故を起さない搬送者に優しい安穏運転について理解し、安穏走行
についての指導ポイントを学びます。

●運転習慣チェック(指導者としての模範運転の確認) 2回目
1回目の評価結果とここまでの研修をふまえての確認走行を実施します。
2回測定をすることで指導者としての模範運転の完成度を高めます。



【座学講習】(日本救護救急財団・鈴鹿サーキット交通センター 担当)

●事故を起こさないための運行管理、マネジメント
搬送中の事故のリスクを考え、事故を起こさないための運行管理、マネンジメント方法を学びます。
運転者の体調管理、運転時のプレッシャーがどのような影響を与えるかをディスカッションし、実技訓練を通して体感して頂きます。

●指導者としての心構え
実技研修前に指導者に必要な知識・技術について学びます。

●搬送中の事故症例の検証
過去に起こった搬送中の事故症例を検証し、事故を起こさないために管理者が行うべき対策を学びます。

●危険予測運転の指導法
患者搬送中の運転の映像を活用して街中の様々な危険を検証します。
搬送運転時に起こりうる危険について、原因と対策を検討し、職場での指導ポイントを確認します。

●最終試験 
実技、座学研修の内容を試験します。
合格点に達した研修者には「 EMS Safety officer 」認定を発行致します。



*全ての研修の終了後に筆記試験(EMSSD認定試験)があります。
*本講習の受講者修了者には「研修受講修了証」を発行いたします。
*筆記試験合格者には、EMSSD認定書ならびにピンバッジを授与いたします。
お申込み方法
ウェブ専用フォームよりお申込みください。



申し込みフォームQR

携帯のキャリアメールからはお申込みができません。
*お申込み確認後に運転免許書の写真の提示が必要です。

講習の詳細は…
写真をクリックするとPDFにてEMSSD研修のチラシがダウンロードできます。





ご質問、お問い合わせは、日本救護救急財団チャレンジ事務局までお問い合わせ下さい。
(鈴鹿サーキット交通センターでは回答できません。)
一般財団法人日本救護救急財団 チャレンジ事務局
TEL 03-5357-1099 (平日10:00~18:00)
メール:challenge@9599.jp 

<< 前のページに戻る